留学と同じ方法
超オリジナルテキストで小6英検準2級合格

アメリカ留学先のESLでは、「会話クラス」ってなかった!

あったのは、「文法クラス」!

これで本当に伸びる訳とは???



日本でのティーチングが始まり、

すぐに気付いたこと。それは、

習った文はその定型文通り、そっくりそのまま言えるようになるけど、

そこで止まる。



これの解決方法は、

【文法】です。



習ったそのままの暗記でしか答えられない【枠】から抜け出るには、

自力で文を作る力を付ける以外に方法はありません。

【文法=文を作る知恵】が、話せる力を1番支えているのです。

アメリカ留学先ESLでは

文法クラスを、英語オンリーで(=英会話で)浴び続けます。

文を作る知恵と、英会話が同時進行なわけです。

だからあっという間に喋れるようになります。



当スクールの教材は、日本人のお子さんが、


話せるようになる為に、

最も必要な文法を らせん階段式 で繰り返し触れて行けるうように構成してあります。


らせん階段式とは、学習がぐるっと一周した後(概ね1年後)、

また同じ文法を習います。単語数を増やして習うのです。

より気が利いた言い方に近づく為と、話せるようになる為の復習と定着の為です。



文法力を伸ばして、自力で文が作れるように、

カリキュラムが仕掛けられています。



文法理解力の平均は、

小6卒業までに、英検3級合格が平均で、

準2級(高校初級レベル)合格者も輩出しています。

(個人差はあります。)



これは、開講以来10年以上オリジナルでテキストを作り続けてきた集大成で出来上がった、

アブクドゥだけの、超オリジナルなテキストです。



本気なので、作ってきました。

市販のテキストでは見つけることが出来なかった、

【自力で言いたい事が言える、=文法力がある日本人のお子さんを育成するため】

に作ってきました。



ワークシート

連動して、カード、

絵本も有ります。



オリジナルキャラクターの絵から全て描き下ろして作った、オリジナルです。

膨大な時間がかかりましたが、面白いの一言でした。

これは、実際にやった人しか分からないことです。



午前中に教材を作っては、すぐ午後のクラスで使って、を繰り返しました。

使えばすぐにその場で、子供たちの為になっている教材なのか、

失敗作なのか、すぐに分かりました。

これを何年も、7レベル以上のクラスで繰り返せば、

伸ばせる方向は見えて行きました。





本気なら、アブクドゥに無料体験レッスンにお越し下さい。

【話せるようになる入口体験】をご提供いたしております。






********

急速発達中の子供英語教育の現場

********



グローバル化が急速に進む中、

英語教育も変革を遂げようとしています。
中学校では、2021年度より、

英語授業はオールイングリッシュへ転換。



コミュニケーション能力を求め、

「読む」「書く」「聞く」「話す」の

全4技能を学んでいきます。





学習単語数は1,200語から

1,600~1,800語程度へ増えます。



小学校でも、2020年より5、6年生で、

英語が「教科」に加わり

成績評価されます。




年間70コマ、実践的な演習に取り組み、

学習単語数は5~6年生の2年間で、

600~700語です。




これは改革前の中学生目標の

1,200語の半分に相当する

大変多い量です。





3年生、4年生では、

「外国語活動」が必修化され、

英語学習が進みます。



このように、

英語能力の必要性が益々高まるなか、

総合的英語力、

全4技能の能力が重要視されます。




アブクドゥは、

たっぶり英会話×しっかり文法で、

読む、書く、聞く、話す、

全4技能が学べるカリキュラム、




この会話×文法学習の同時進行は、

留学時と同じ学習法。





全4技能の網羅により、

決まった答え方の枠から抜け出し、

会話でも、英語作文でも

自らの考えが伝えられるように、

総合的な力を育みます。




また、外国人講師や、

海外経験豊富な日本人講師より、

折に触れて海外文化の違いなどについて

話して聞かせ、




グローバル化する社会への

柔軟な思考、

視野を育んでいます。





アブクドゥの特徴

1.外国人講師と日本人講師の2人担任、2人ともメインティーチャー。

アブクドゥでは、外国人講師と日本人講師の2人が担任しています。

どちらもそれぞれのパートのメインティーチャー。

外国人講師は、会話の、日本人講師は、文法のスペシャリストです。

1回のクラスで、会話と文法を、それぞれのスペシャリストから、本格的ハイレベルで学ぶことが出来ます。

2.たっぷり英会話×しっかり文法(小学生クラス)

○たっぷり英会話
楽しいゲームやアクティビティタイムを通して、外国人講師と生きた英会話をたっぷり経験します。言語習得にはとにかく経験の量を増やすことです。子供時代は特に、楽しいと時間も忘れる程、集中してたっぷり経験できます。アブクドゥのクラスは楽しい雰囲気の中、自然と集中し、思わず英語が飛び出す工夫が沢山です。 より多く発話を促すために、会話体験と同時に、しっかり文法も学習します。

○しっかり文法
オリジナルワークシートで、自力作文ができるようになる為に、

文法理解をして頂きます。肯定文、否定文、疑問文、現在形、過去形、現在進行形、未来形、などなどなど、

レベル別に徹底的にご指導させて頂いています。


そして、【読む、書く、聞く、話す】全4技能を網羅して身に付けて行きます。

これは、オリジナルの教材だから、実現できている応力の広さです。

いつの間にかレベルが上がっていく仕掛けがしてあります。

Q&A

はい、文法学習は、会話力を付ける上で、絶対必要で必須です。文法学習での知識が自らの考えを言えるように支えます。単語の羅列では伝わらないのはそのせいです。話せる人は、文法に乗っ取って文を言っているから伝わるのです。

例えば、 英語で「まだ食べていません。」と伝えなければならないとしたら、なんと言えばよいでしょうか??
「イート!」では、食べて!の命令文になってしまいます。
「ノット イート」では、食べてはいけません、とか、食べるべきではない、などの印象です。
このように文法力無しで、単語の羅列ばかりでは、表現しきれません。
現在完了形 I haven’t eaten it yet. ですっきり伝わります。
この様に、文法知識を使って話すと、本当に言いたいこと、が伝えられます。これが、文法必須の指すところです。

初歩レベルでは。理屈無しで、受け入れが良いご年齢ですので、文法といっても説明は最小限で、オリジナルの絵本などを使い、染み込む様に導きます。高学年に近づくと、むしろ知的好奇心を好みますので、例えばどんな種類のことを表す時にbe動詞が使われるのか、一般動詞を使うのはどんな時か、使い分け術なども説明します。興味津々です。

慣れていたはずの本を、急に詰まりながらゆっくり読むようになった時は、暗記文を口にしているのではなく、実際に「読む」ことをし始めたサインです。会話時も同様で、詰まりながら傍らでは脳内でリサーチも同時にしているかのようなご様子の時、決まった言い方をリピートしているのではなく、言いたい事を文にする部分の脳を起動させて、自由な表現、会話をしようとしている時が多々です。

アブクドゥでは、留学で経験した「話せるようになるまで」のプロセスと、それを日本人のお子様達の学習用に落とし込んでカリキュラムを確立し、それにフォーカスする為に、文法学習ワークシートを自校で作成しています。遠回りなしで、存分にフォーカスを可能にする為です。連動のオリジナルの絵本やカード、文法を覚える歌もあります。

英検では、週1回70分クラスの小4の生徒様は英検3級に合格、その他の生徒様も週1回の通学で小5~6で英検3級合格。小5~6年生が準2級の学習に取り組んでいます。その他小1で5級合格、中1で準2級合格など、英検合格者多数など成果をあげ保護者様にも喜んで頂いております。

フォニックスは、1つ1つの文字が持つ音を覚える学習方法で、音を混ぜるテクニックで単語が読めるようになり、おのずと発音が正しく身に付き、スペルも覚えられるというものです。学習が進むと、初めて聞く単語のスペルが当てられたり、初めて見る単語が正しく発音できたりします。

日本語がそうであるように、4技能全ての力があるので、学業でも仕事でも役立てることができます。例えば、読めるけど、話せないなど、4技能のどれかが出来ない状態では真に役立つ力とは言えないことがお分かりいただけると思います。言語習得には長い期間が必要です。できれば何事にも垣根のない、言語習得に脳がより柔軟な低年齢の頃から、しっかり将来に差がつく、4技能を全て網羅するカリキュラムで学習をすることをお勧めいたします。

是非無料体験レッスンにお越しください。